知育・教育

アップライトチェア利用中!口コミ評判が知りたい方にメリットデメリット徹底レビュー。

いおり
いおり
離乳食が始まり、赤ちゃんと一緒に食卓を囲めるのはとても嬉しいですよね!
でも、どんなハイチェアをお食事に用意してあげたらいいのか、私もものすごく悩みました。

たくさん調べて、イスの専門家の意見も聞いて購入しましたので、参考になれば嬉しいです!

私が子供のダイニングテーブルを選ぶ上で重視したのは以下の3点。

  • 正しい姿勢で食事ができる。
  • 抜け出すことが難しい。
  • 成長してもずっと使える。

これらを叶えてくれるのが、豊橋木工さんの「子供たちの姿勢を守る椅子 UP LIGHT〜アップライト〜」でした。

最後まで悩んだのは、有名なストッケのトリップトラップ

最終的に選んだ一番のポイントは「アップライトの方が、座らせた時の子供の姿勢がピシッとしていたから」でした。

ハイチェア選びで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!

私がハイチェア選びにとことんこだわった理由

私がハイチェア選びにこだわったのは、ハイチェアが、子供にとって大切な「食の習慣」とリンクするものだったからです。

私の義母は歯科衛生士で乳幼児健診の歯科を担当しているのですが、とても勉強熱心で、年に数回、県外で行われる講習会にも参加するほど。

その義母が、「乳幼児時代の食事の噛み方」はとても大切だと言っていて、両足をしっかりと踏ん張って食べることで、顎が鍛えられ、粗食姿勢も正しくなるとのこと。

また、当面はダイニングテーブルを勉強机としても利用するつもりなので、正しい姿勢で書き取りなどができるように習慣づけるために、良いハイチェアは必須だと考えました。

ベビー用ハイチェア:アップライトを知った経緯

高級なハイチェアとして有名なのは、ストッケのトリップトラップですよね。

created by Rinker
Stokke
¥30,250
(2019/11/16 21:23:29時点 Amazon調べ-詳細)

実は、義母の家にトリップトラップを用意してくれていたのですが…長女が嫌がって(汗

なんだか座り心地が良くないとのこと。

そこで、私の住む県で有名な『椅子の専門店』に相談に行って、ハイチェアのオススメについて根掘り葉掘り聞いてきました。

ここのオーナーはもともとご自身も椅子の作家さんで、現在は本当におすすめの椅子だけを小さな店舗において販売されているのですが、ファンが多く、ひっきりなしに電話が鳴る信頼できる椅子屋さんです。

そこで一番おすすめされたのが、豊橋木工さんの「子供たちの姿勢を守る椅子:アップライト」でした。

アップライトとトリップトラップ、共通のメリット

  • 成長に合わせて、常に両足で踏ん張ることができる
  • トリップトラップは全14段階調整可能
  • アップライトは座面が14段階、足台が16段階に調整可能

これはなんといっても、とても細かく段階調整ができて、子供の身長がどんな時でも、ビシッと両足の裏を台座につけて、踏ん張ることができることです。

ベビー用ハイチェアで、最も重要な部分です。

トリップトラップ(画像:公式サイトより)

アップライト(画像:公式サイトより)

トリップトラップは14段階の調節です。
これでも、かなり成長に合わせて調節できます。

が、アップライトはなんと14+16段階!

(画像:公式サイトより)

「どんな身長でもぴったり」にかける気合いを感じますね。

背中の面はこんな工夫が…

(画像:公式サイトより)

この背面がしっかりと背骨を支えてくれます。

アップライトをトリップトラップと比較したメリット

上述の段階の幅の違いでも、アップライトの方が細いのですが、その他に。

椅子屋のオーナーさんは、

「トリップトラップもとても良いイスなんですよ。
段階調整が細かく出来るし、何よりシンプルでスマートなデザインが長年世界中で愛されるだけあります。
私も、アップライトに出会うまでは、一番おすすめしていました。」

と前置きをした上で、現在はアップライトを一番おすすめする理由を以下のように教えてくれました。

  1. 椅子のあたりがやわらかく、お尻が前に滑り出さない
  2. デザインがオシャレでバリエーション豊富
  3. 高さの設定が簡単
  4. 赤ちゃんが一人で抜け出しにくい!

①椅子のあたりがやわらかく、お尻が前に滑り出さない

トリップトラップは、座面がフラットになっています。
一方、アップライトは、座面が少しだけ中央がくぼんでいて、お尻へのあたりが柔らかくなっています。
ここが、設計上の大きな違いだそうです。


(画像:公式サイトより)

また、赤ちゃん用のベビーシートも、大人になった時に座る座面も、クッションで覆われた形になっていて、お尻へのあたりがとても柔らかく、座り心地が良いです。

トリップトラップは、別売りですが、クッションはありますよ!

②デザインがオシャレでバリエーション豊富

(画像:公式サイトより)

アップライトの本体の色は10色。

座面は20色あり、素材はレザーか布か選択の幅が広いです。

いおり
いおり
私は、ウォールナットの本体とブラックレザーの座面を選びました。

インテリアに馴染み、とても嬉しいです。

受注生産ですので、自分の最高の1台を作ることができます。

これは、トリップトラップもバリエーション沢山ありますね。
ただ、個人的には、アップライトの方が温かみがあって好きです。
トリップトラップの方がスタイリッシュで洋風だなと思います。

③高さの設定が簡単

高さが細かく設定できても、設定がめんどくさければ、ついついそのままにしがちですよね?

でも、アップライトの調整は、本当に簡単にできます。工具も不要!

イスを横向きに倒して、ネジグリップをクルクルするだけ。

私は、組み立てが本当に苦手で、なんでも旦那に頼むのですが、これは簡単に自力でできました!

ものの数分です。

④赤ちゃんが一人で抜け出しにくい

トリップトラップでは、赤ちゃんが抜け出すという人も多いです。
これは、しっかりと踏ん張れるせいなので、致し方ないところもあります。

私の友人でもトリップトラップ使用者が多いのですが、抜け出すと困っていたところ、先輩ママに「タオルをしっかり詰めたらいい!」と言われたそうで、そうしたら前より抜け出しにくくなったようです。

アップライトでも、椅子屋さんのオーナーは「正直抜け出す子もいます」とおっしゃっていましたので、覚悟はしていました。

でも、今のところは抜け出せていません。

(画像:公式サイトより)

このように、ガードをスライドさせて、下のネジでくるくると固定するのですが、がっしりと入るし、右の絵のようにクッションがしっかり厚みがあるので、隙間ができません。

うちの子が「出してくれーーー!!!!!」と、激しく状態を前後ろに波打つと(ブリッジする感じ?)さすがにひやっとするのですが、そこまで激しくならないと抜け出せないので、「気付いたら抜けてた!」ということは0です。

毎回、しっかりとガードを固定することが大切だと思います。(操作は簡単です)

⑤サポートが素晴らしい

実は、我が家のテーブルは、アップライトが推奨している高さに合いませんでした!

アップライトが合うテーブルの高さは、公式サイトによるとこちら。

テーブル高70cmを基準に設計しています。
67cmから73cmまでを推奨いたします。

でも、うちのテーブルの高さは、67センチ以下。

諦めきれなかった私は、公式ホームページでお問い合わせをしてみると…お電話がいただけました!!

それによると

「実は、アップライトには、少し背の低いバージョンもある。注文してもらえたら対応できる」

とのこと!!!

イス屋さんで、しっかりと高さをチェックした上で、少し低いもので購入しました。

いおり
いおり
お電話でも、本当に真摯にお話を聞いてくださって、「子供の姿勢を大切に思う気持ち」がひしひしと伝わって、そのお電話で、「絶対にこのイスを買おう!」と決めました。

なぜ、アップライトがトリップトラップのように有名でないのか

では、こんなにおすすめのアップライトが、なぜ有名ではないのか…

多分一因として「Amazonや楽天市場で買えないから」だと思います。

ネットなどで検索しても出てくるのは、そう言った市場で買える商品ばかりですので…

でも最近は認知度が上がっているみたい。

2015年から2018年は販売台数日本一だとか!

いおり
いおり
本当に良いイスだから、もっと広まって欲しい♡

アップライトのデメリット

ここまで絶賛したアップライトなのですが、デメリットというか、注意点は大きく3つかな?と思います。

  1. 受注生産で、注文から手元に来るまでに2か月以上かかった。
  2. 値段がトリップトラップレベルで高い!
  3. 売っている店が限られている。

 ①受注生産で、手元に来るまで2か月以上!

これは、もうしょうがないのですが…

発注後に一台一台、職人さんの手で生産されるので、とても時間がかかります。

2か月もあると、まちどうしい…

それに、もう離乳食を始めたよ!という人だと、2か月も待てない!ということも多いと思います。

正直私も悩んで、2か月の間はカトージのチェアで凌ぎました。

created by Rinker
カトージ
¥7,100
(2019/11/16 21:23:29時点 Amazon調べ-詳細)

しっかりとしていておすすめで、1歳頃まではちょっとお友達の家に行く時とか、外食の時に使っていました。

ただ、貴重な食べ始めの時期に、足がブラブラすることが気になる方もいると思います。

その場合は、トリップトラップにするというのも、アリだと思います!

トリップトラップも、上述のようにとても良いチェアですので。

Amazonや楽天市場でも、実際に使った人のレビューが沢山載っていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

私も椅子屋さんに行く前に、読み漁りましたw
特に楽天市場の評価は参考になりました。

created by Rinker
Stokke
¥30,250
(2019/11/16 21:23:30時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、私のように、アップライトに魅せられてしまった人は、他のチェアでつないでワクワク待ちましょう!

②お値段がトリップトラップレベル(以上?)で高い!

アップライトで、離乳食の始め頃から使おうと思うと

  • 本体価格:42,000円〜48,000円(材質により異なる)
  • ベビーシート:9,500円〜11,000円(材質により異なる)
  • ホールドクッション:3,000円
  • 合計:54,500円〜62,000円

これだけの値段がかかります。気軽に買えるものではないですよね。

ちなみにトリップトラップだと、ベビーセット付きで4万4千円くらいです。

アマゾンや楽天やヤフーで買える気軽さなどからも、こちらの方が買いやすいのかなと思います。

③アップライトは買えるお店が限られている。

アップライトは、買えるお店が公式サイトに載っていますが、椅子の専門店や、家具やさんなどの限られた店舗での購入となります。

>>公式サイトのショップリストに飛びます

高い買い物ですし、子供にも好みがありますので、実際に座らせてから買う方が安心ですよね。

それが難しかったら、トリップトラップでも良いのかな…

トリップトラップは、赤ちゃん用品店などでよく置いていますよね!

試してみて、赤ちゃんが嫌がらなかったら、良いと思います。

いおり
いおり
以上、アップライトのレビューでした。トリップトラップも子供さんさえ嫌がらなければ、実績もありスタイリッシュな良いハイチェアだと思うので、比較してみて、最適な1台を選んでくださいね。
もしも、質問などありましたら、喜んで回答しますので、コメントお待ちしています!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。